アルギルダス

全て 名詞
172 の例文 (0.01 秒)
  • おそらく、1317年ごろにアルギルダスと結婚したと推定されている。 ...
  • アルギルダス大公の印章では槍を抱えていて盾は異なる紋を使っていた。 ...
  • アルギルダスは公国をヨーロッパの強国かつ大国の一つにしようと努めた。 ...
  • しかし通商の中心である両都市におけるアルギルダスの優先は不確かである。 ...
  • 第二段階ではアルギルダスが攻勢に移り、タタール軍の包囲殲滅に努めた。 ...
  • それにも係らず、アルギルダスが正教会に改宗したという伝承は疑わしい。 ...
  • 叔父アルギルダス大公の廃位して大公位の奪取を試みたが、失敗して逃亡した。 ...
  • アルギルダスは伝統的な遣り方に乗っ取って敵の極限地点を不意に突こうと試みた。 ...
  • そしてついにアルギルダスと共に、またもやモスクワ攻撃を行うまでに至る。 ...
  • リトアニア大公アルギルダスとユリアナ・トヴェリスカヤの息子である。 ...
  • アルギルダスの主な試みはキーエフ・ルーシ以来のスラヴ人の地の安全を目指したことである。 ...
  • 実際にアルギルダスはトヴェリへの遠征軍でもってスモレンスク公国を荒らし回っていた。 ...
  • しかし、1377年にアルギルダスが死ぬと、一族間で骨肉の争いが勃発する。 ...
  • それに続くトヴェリに対するアルギルダスの軍事的行動に関して歴史家の間では伝統的に1372年の休戦条約を破ってまでのミハイルへの援助は不成功な試みであったと解釈されている。 ...
  • アルギルダスはこの取引からは一歩引いた立場におり、領内のルーシ人の動向を注視していた。 ...
  • アルギルダスは軍勢を脇へ遣って道を開けて敵騎兵を通らせ、側面から射撃を加えた。 ...
  • ヨーロッパでもっとも古い起源を持つ国章の一つであり、1366年にアルギルダス大公が印章として使ったのが最初とされている。 ...
  • 次へ