アルギヌサイ

全て 名詞
9 の例文 (0.00 秒)
  • 翌紀元前406年のアルギヌサイの海戦の後、アデイマントスは再び将軍の一人に任じられた。 ...
  • 紀元前428年にリシクレスが戦死した のに伴い当時の人々の記録も途絶えたため、息子の小ペリクレスが将軍に選ばれた時やアルギヌサイの海戦後に小ペリクレスが処刑された時にアスパシアが存命だったのかどうかなど、その後のアスパシアの様子は不明である。 ...
  • 紀元前406年のアルギヌサイの海戦の翌年の紀元前405年にフィロクレスはアテナイで艦隊を率いる将軍の一人に選出された。 ...
  • 前406年に監視所を置いていたメテュムナの救援に向かったがスパルタのカリクラティダスの艦隊に追われミュテイレネで包囲網を突破し、アルギヌサイの海戦に参加。 ...
  • アルギヌサイ海戦で乗員を救助しなかった将軍六名の一括裁判を違法として、ソクラテス一人反対する。 ...
  • 紀元前376年、カブリアスは、スパルタ艦隊に対し、ナクソス島の沖合で大勝利を上げたが、もう少しでスパルタ艦隊を殲滅もできたであろう段階でアルギヌサイの将軍たちの運命を思い出し、遺体回収のために追撃を遅らせた。 ...
  • ペロポネソス戦争の最後の数年は、シケリア遠征、アルギヌサイの海戦に、貢献した。 ...
  • 同年、アルギヌサイの海戦で味方の救助を怠った罪でアリストクラテス、大ペリクレスがアスパシアに産ませた庶子、トラシュブロスと共に四百人寡頭政へ反旗を翻したトラシュロスらを含む6人の味方の指揮官たちがソクラテスの反対にも関わらず処刑された頃、クリティアスも国外へ逃亡する。 ...