アルギニン

全て 名詞
194 の例文 (0.01 秒)
  • このようにアルギニンの代謝で重要な役割を果たす物質である。 ...
  • この反応は可逆のため、ピルビン酸とアルギニンを再生することもできる。 ...
  • アルギニンジヒドロラーゼを持たないため、適切にアルギニンを利用することができない。 ...
  • リジン残基とアルギニン残基の双方がメチル化を受けることが知られている。 ...
  • また、アルギニンの代謝物として、形質転換を起こしていない植物組織でも見られる。
  • ノパリンのアナログであり、アルギニンがアスパラギンに置換している。 ...
  • アルギニンの分解によって生成する。 ...
  • アミノ酸の一種、アルギニンの修飾のための試薬として使われる。 ...
  • 菌類における機能はフェロモンに対する応答からアルギニン代謝まで様々なものが報告されている。 ...
  • この反応ではアルギニンの側鎖のN末端が酸素に置換される。 ...
  • つまり、グルタミンが指定されているにもかかわらず、タンパクレベルではアルギニンとして発現しているということである。 ...
  • この構造は水の水素結合を弱める働きがあるが、水と正電荷のアルギニンとの相互作用には影響しない。 ...
  • なお、アルギニンからクレアチニンに至る経路をクレアチン経路という。 ...
  • アルギニン残基による基質のプロトン化を通じて反応が進むメカニズムが提案されている。 ...
  • この酵素は、D-アルギニン及びD-オルニチンの代謝に関与している。 ...
  • 近年、アルギニンを多数含むペプチドが細胞膜を容易に透過することが発見され、この作用の源がグアニジノ基にあることが証明されている。 ...
  • 一方、近年ではアルギニンの他に野菜等に含まれる硝酸塩も体内にて一酸化窒素の原料として利用されているという見方をする主張もある。 ...
  • 次へ