アパート阿漕荘

5 の例文 (0.00 秒)
  • 小田原静江がアパート阿漕荘に訪ねてきた朝のことだ。 ...
  • 香具山紫子はアパート阿漕荘の入口で靴を脱ぎ、階段を上がるときも、二階の廊下を奥まで進むときも、泥棒のように足音を忍ばせた。 ...
  • 小田原静江は、今二人が話をしているその場所、つまり、保呂草が部屋を借りているアパート阿漕荘の大家である。 ...
  • アパート阿漕荘も、幸いまだ取り壊されずにいる。 ...
  • たまたま、アパート阿漕荘の前の電信柱にぶら下げておいた数少ないポスターの一つが目にとまったらしい。 ...