よる地価

24 の例文 (0.01 秒)
  • 政府と鉄道会社は、鉄道の建設による地価の上昇利益を共有した。 ...
  • それに追随したのが当時のテレビを含むマスコミであり、土地神話による地価の高騰が永遠に続くものであるかのような宣伝を繰り返していた。 ...
  • この既成市街地及び近郊整備地帯は、国土交通省による地価関連の統計では東京圏と定義されている。 ...
  • 不動産投機による地価や賃料高騰、所有の不平等が世界でもっとも深刻な国である。 ...
  • いわゆるバブル景気による地価高騰対策を担当していた国土庁土地局土地利用調整課在籍時には大韓民国を訪問調査し同国の土地取引規制制度等について詳細なレポートを行った。 ...
  • バブル期による地価高騰によって、マンションなどの開発が目白押しの中、地区内の町工場にも変化の波が押し寄せた。 ...
  • バブル景気による地価高騰・株価上昇を背景とした土地・住宅・株式の値上りによって、資産・資産取引によって生じる所得格差が拡大したとされている。
  • しかしバブル経済による地価の異常上昇、それに続くバブル崩壊による首都圏への公共投資の極端な抑制は、その時期に建設が計画されていた中央環状線の開通を当初予定より大幅に遅らせる結果となった。
  • 不動産は賃貸し、不動産賃貸料で建設資金を償還するので、都市発展による地価上昇利益が土地所有者によって私有化されず、町全体のために役立てられる。 ...
  • 昔からの寄地区に住む住民は、農業、養殖業、民宿業、林業、炭作り等で生計を立ててきたが、現在ではバブル景気による地価上昇と共に市街地から引っ越してきて定住した住民が人口の殆どを占めているため、地元産業に従事する人の割合は極少数である。 ...
  • しかしながら、バブル期以降の低成長期においては、デフレーションによる地価下落や保留地販売の不振の影響により、事業採算が確保しづらい状況となった組合もあり、経営破綻に陥った例もある。 ...
  • 「葛西沖開発事業会計」が設けられたが、バブル景気による地価上昇の恩恵を受け、事業費のほとんどを保留地の処分により賄う事が出来た。 ...
  • 前年からの列島改造ブームによる地価急騰で急速なインフレーションが発生していたが、石油危機により相次いだ便乗値上げなどにより、さらにインフレーションが加速されることとなった。 ...
  • 現代は観光都市として発展を見せる一方で、開発による環境汚染、歴史遺構の破壊や人口増加による地価・物価の高騰、ハワイ人問題事務局が提唱しているハワイ人による自治権の獲得など、複数の問題を抱えている。 ...
  • 一方でバブル崩壊による地価下落等により地価や家賃が安くなり、ファミリーレストランの都心部への出店や、居酒屋チェーンの郊外への出店が容易になった。
  • しかも、結局はバブル崩壊による地価暴落後に、安値での土地売却と買い叩かれる結果に終わり、日本国政府による長期債務返済計画は、大きく狂った。 ...
  • しかし、東京の都心部にある31ヘクタールに及ぶ土地売却は「バブル景気による地価高騰が更に過熱する」という理由で、その実施は延期され、いわゆる塩漬け状態で、空き地のまま放置された。 ...
  • 次へ