やうな長閑

4 の例文 (0.00 秒)
  • 相變らず狸囃子は、何處からともなく、人を馬鹿にしたやうな長閑のどかさで聞えて居ります。 ...
  • だが、それらの無数の表情は一様に向ふを眺めて何か好意に充ちてゐるかのやうな長閑な微笑が漂ふてゐた。 ...
  • 丁度春の盛りの頃で、左手の窓の擦硝子すりガラスには自然の豐熟を唄ふやうな長閑のどかな日光が輝いてゐた。 ...
  • そのとき、たしか、永井龍男君と井伏鱒二君と堀辰雄君と小林秀雄君とに私は誘はれて、恰度うらうらとするこのごろのやうな長閑な日の夕暮時に銀座の方から、須田町の万惣にあつまつた。 ...