やうな口吻

19 の例文 (0.00 秒)
  • 都合によれば、してもいゝといふやうな口吻を洩らすことさへあつた。 ...
  • 神よ、彼女が世界中の男を知つてゐるやうな口吻をもらすことを封じ給へ。
  • 己は目下のものに物を教へるやうな口吻であれと話をした。 ...
  • こゝでわざと第三者のやうな口吻を用ひることをゆるしてもらひたい。 ...
  • 學校へ行つて其の許可を求めると、校長はじめ他の職員達はもう殆ど昨日のことを忘れてゐたかのやうな口吻だつた。 ...
  • 学士は自分の顔を、ずつと面皰にきびだらけのきたない相手の顔の側へ持つて行つて、殆ど歯がみをするやうな口吻こうふんで、「一体君はなんの為めにこんな馬鹿な事を言つてゐるのです」と叫んだ。 ...
  • 三村との関係を秘密にする為に、実際は以前からも遊蕩など恰で知らない癖に、遊里に情人でもあるかのやうな口吻を洩して居たことを楯に、久し振りでその所を用ゐたのであつた。
  • 旦那さまは、あなたにお會ひしたいやうな口吻くちぶりでしたのよ。 ...
  • その時今どこに住んでゐるのかと問はれ、高円寺と答へると、そこがどんな恐ろしいところか、御自分の経験で語られ、私がよほど勇気があるか、力があるかのやうな口吻で感心せられた。 ...
  • 「志願兵が一名小銃で自殺しましたのです」と、警部は自殺者が無遠慮に夜なかなんぞに自殺したのに、自分が代つて謝罪するやうな口吻こうふんで云つた。 ...
  • 時とすると、あなたはほんとに眞面目になつて、私のあなたに對する態度などに就いて、彼に訴へるやうな口吻を洩す事がありました。 ...
  • スタニスラウスは妹の足の早いのを、慾望的な、現世的な努力を表現してゐるやうに感じて、妹を警醒するやうな口吻こうふんで、「兄は可哀かはいさうな男だつたな」と云つた。 ...
  • しかし二日前に龍子がT氏に会つたときT氏は、わざわざEが其処へ引つぱつて行つたかのやうな口吻で、Eの無謀を非難がましく龍子に当てつけた、少くとも、Yと云ふ連れのある際に無謀な事をしたものだと云ふ腹は明らかに龍子に見せつけられた。 ...
  • 「文芸戦線」のテーゼすらも、そのやうな口吻を洩らしてゐる。 ...
  • まへたち両人ふたりなんだか乗馬出じやうめでのやうな口吻くちぶりをもらしてゐたが、自分じぶんから名乗なのやつにロクなやつアありやしないワ。 ...
  • 本當ほんたうぬくとつたんだよなあ日輪おてんとさままでひどまちつぽくなつたやうなんだよ」おつぎはれいすこあまえるやうな口吻くちつきで一まい掛蒲團かけぶとんをとつた。 ...
  • 水月は例の如く暫く默つて後「君は矢張り小説家になる積りですか」といつて三藏の顏を見て居たが「僕には小説は書けないやうだから、もう創作は止めようかと思ふです」「それでは何をおやりですか」「サア」と水月は自ら疑ふやうな口吻で「何をやりますかな」といつて淋しい笑顏をする。 ...