もはや怨霊

4 の例文 (0.00 秒)
  • もはや怨霊はこの幕の中には入ってこれなくなったのだ。 ...
  • 菅原が平将門にくみしたからには、闇の世界はもはや怨霊のものだ。 ...
  • もはや怨霊は涼に追い詰められたも同然だった。 ...
  • 境内に通じる石段の下に〝槃〟と青色で彫られた白石が置かれてある以上、もはや怨霊封じが始まっているのである。 ...