まま嗚咽

10 の例文 (0.00 秒)
  • 顔をあげられず、畳に手をついたまま嗚咽おえつがこみ上げてくるのを、おさえていた。 ...
  • 母は畳にうつ伏せになって無抵抗のまま嗚咽おえつこらえていた。 ...
  • 皆が駆け寄ったが、善兵衛は打ちのめされて天井を見上げたまま嗚咽するだけだった。
  • そして実際に、えっく、ひっくと雨の中に仰向あおむけに倒れこんだまま嗚咽おえつしてみた。 ...
  • 鎌足は床に両手を突いたまま嗚咽おえつしていた。 ...
  • 誰かに語りかけているようでもあり、それが途切れると、あとは押し黙ったまま嗚咽おえつにむせんでいる。 ...
  • そしてベッドにたおれこみ、血に汚れた靴を脱ごうとして背をまるめたまま嗚咽と睡りに頭の奥そこをおかされていった。 ...
  • 皇后は成子の手を握りしめたまま嗚咽し、天皇は「成子」とひとことつぶやいた。 ...
  • 項垂うなだれたまま嗚咽おえつした。 ...