まだ一縷

20 の例文 (0.00 秒)
  • それはこの世にまだ一縷いちるの望みを抱いているからさ。 ...
  • あのときはまだ一縷いちるの執念が残って、倉沢の家を出ることが敗北のように思われた。 ...
  • もし、つぎの出方が即時逮捕でなかったら、まだ一縷いちるの望みがあると言えた。 ...
  • まだ一縷の望みを持っていたけど、それも終わった。 ...
  • まだ一縷いちるの望みを持っていたのだろう。 ...
  • 尾生は水の中に立ったまま、まだ一縷いちるの望を便りに、何度も橋の空へ眼をやった。 ...
  • 係官の言葉にまだ一縷いちるの希望が残されている。 ...
  • けれどまだ一縷いちるの望みはあった。 ...
  • 絶体絶命の立場だが、それでもまだ一縷の希望はある。 ...
  • しかしまだ一縷いちるの希望は抱かれています。 ...
  • 彼はまだ一の望みを繋いでいた。
  • 無様にも、まだ一縷の望みにすがろうとしている。 ...
  • その時までは、まだ一縷いちるの望みを抱いていたが、三之丞は門をとざして会わなかった。 ...
  • だが、まだ一縷の望みはあった。 ...
  • けれどもまた尋ね出そうとするその人が、霜降しもふり外套がいとうに黒の中折なかおれという服装いでたちで電車を降りるときまって見れば、そこにまだ一縷いちるの望があるようにも思われる。 ...
  • それについて、よく日本人を悲觀する日本人も多くなりつゝあるやうだが、頑迷な私などは、どうしても、まだ一縷の望みを、日本人の美點から捨てきれない。 ...
  • 挨拶もそこそこに、井関さんの家をのがれだした私は、車の中で、ガンガンいう耳を押さえながら、どこかにまだ一縷の望みがあるような気がして、いろいろと考え廻すのでありました。 ...
  • 次へ