まさに百花繚乱

5 の例文 (0.02 秒)
  • 例えば、有名なウィスキー会社で出していたPR雑誌などは、偉そうな先生や偉くなさそうな先生が好き勝手なことをいってまさに百花繚乱の趣きである。
  • からうようにしのぎを削る宝剣と魔槍の火花は、まさに百花繚乱ひゃっかりょうらんの狂い咲き。 ...
  • パンツの向こうの世界は、まさに百花繚乱。 ...
  • ほかにイワオトギリソウに似て、もっと花が大きく葉の緑のいろのうすいサマニオトギリ、ナガハノキタアザミに似て、葉が細く花茎の長いヒダカトウヒレンなど、まさに百花繚乱のお花畑で、そのあたりは馬の背のお花畑として知られているところであった。 ...
  • もともとは、漁師が船の上での食事時間を短縮するために、アサリを剥き身にして海水と味噌でサッと煮てごはんにかける「ぶっかけめし」のことを言ったみたいだけど、今じゃ醤油が定番になっているし、食べ方だっていろいろで、アサリだけで食べるのが深川鍋、炊き込めば深川めし、ぶっかければ深川丼とまさに百花繚乱状態。 ...