ひどい発作

21 の例文 (0.00 秒)
  • わたしはまだかなりめまいがしていたが、そんなにひどい発作ではなかった。 ...
  • こんなにひどい発作はこれまでもなかったではないか。 ...
  • わたしはただ男の召使いをやとうつもりだということを彼女に話しただけなのに、彼女はご覧のとおりのひどい発作状態に落ちてしまったのだ。
  • ひどい発作の最中に心臓麻痺を起こされたんだそうです。 ...
  • 彼がひどい発作をおこし、ときには手を噛み、それを傷だらけにするからなんです。 ...
  • 執事の話では、夜にひどい発作をおこし、体に害をおよぼすのではないかとさえ思えるほどだという。 ...
  • それはテンプルトン氏が、スープを召し上ってから、とてもひどい発作に襲われました。 ...
  • たださえ病気がちだった一路は、床についたきりとなり、ともヽヽも胸痛のひどい発作に見舞われて起つことができなくなった。 ...
  • ひどい発作になりそうな予感がした。 ...
  • ところが今、あのひどい発作の後にファリアの口から洩れたいくつかの言葉は、狂気にまた立ち戻ってしまったことの重大なしるしのように思われた。 ...
  • 当時は不治の病いだった血友病を病んでいた皇太子アリョーシャは、数日前からひどい発作を起こしていました。 ...
  • 彼は頻発する熱帯性熱病のひどい発作に苦しめられていた。 ...
  • ひどい発作のときは、腰をかがめないと、歩けなくなる。
  • そして銀次から、お秋がけさ出かけようとしてひどい発作を起して倒れ、ともかくも寝かせたが、どうしても娘といっしょにここへ来るといって起きあがろうとするのを、何とかなだめて代りに自分が来たという報告を聞いた。 ...
  • 十七日の午後、青柳邸の庭でタケマルに飛びかかられた直後、彼はひどい発作を起こして苦しんでいた。 ...
  • しばらくして、私は患者のそばを離れてきたが、付添士の話によると、患者がおとなしくしているのは明け方までで、日が出るとソワソワしだし、朝から昼にかけてだんだん狂暴になり、しまいにひどい発作がきて、そのためにグッタリ疲れて、一種の昏睡こんすい状態におちいるのだという。
  • ときには、ひどい発作ほっさを起して、流石さすがの百合子も介抱にこうじ果ててしまうことさえまれではありませんでした。 ...
  • 次へ