ひときわ異彩を放つ

14 の例文 (0.00 秒)
  • また、本作品は小池・叶の共作作品の中でもひときわ異彩を放っていることでも注目を集めた。 ...
  • 緩い展開の多い萌え系4コマ誌の中においてひときわ異彩を放つ作品であった。 ...
  • 定住派の日本人が経営するダイドーモンは、ひときわ異彩を放っていると言ってよい。 ...
  • この戦略で、既に映画の公開ラッシュのシーズンが始まっている中、ひときわ異彩を放つ機会を得ると思われた。 ...
  • 彼はアルゴンキン・ラウンド・テーブルの中で漫談でひときわ異彩を放っており、やがてラジオや舞台、映画で成功を収める人物だった。 ...
  • パンタグラフが当初より装着されていたことや、明るい塗装も相まって、東田本線の車両の中ではひときわ異彩を放った。 ...
  • 松峰山には杉や松の数多くの巨木があったが、その巨木の中でもひときわ異彩を放つ巨木杉があってそれを村人は天狗杉と呼んだ。 ...
  • シュルツは、ヴィトルド・ゴンブローヴィチ、スタニスワフ・イグナツィ・ヴィトキェヴィチとともに、戦間期ポーランドでひときわ異彩を放った作家の一人として再評価されており、現在その作品は世界十数ヶ国に翻訳されている。 ...
  • 頭の回転の速さ、育ちの良さとは異なる独特の世界観を持ち、日本映画界の中でもひときわ異彩を放った監督として「カルトプリンス」とも呼ばれ、コアな根強いファンがいる。
  • 日本の風土に吸血鬼ならびにヨーロッパのゴシック的ムードを大胆に導入し、さらに演出もハマー・フィルムを思わせるショッカー演出で、日本のホラー映画史でもひときわ異彩を放つものになっている。 ...
  • 何より、燃えるような赤毛が、ひときわ異彩を放っていた。 ...
  • ジ・アンダーテイカーが教祖となり結成した一大怪奇派ヒールユニットであり、十字架を模したテイカー自身のシンボルに選手を磔にし、KKKさながらに火をつけて燃やすなど、悪魔崇拝や生贄といった黒魔術もしくはカルト教団を連想させるアングルで、アティテュード時代のWWFにおいてもひときわ異彩を放った。
  • これは実用記事が多かった同時代の『主婦の友』、『婦人画報』、『婦人倶楽部』と比べ、ひときわ異彩を放っていた。 ...