はげしい嗚咽

7 の例文 (0.00 秒)
  • やがて女の漸っとこらえていたような忍び泣きが急にはげしい嗚咽おえつに変っていった。
  • 最後の別れの言葉は、はげしい嗚咽のために口にするのもやっとのことであったが、不吉な予感に胸さわぎをおぼえて慄然りつぜんとしたのであった。 ...
  • だから、そなたのはげしい嗚咽はそのまま物悲しい調べとなって私の耳に流れこみ、その悲しみの調べの変化はすべてよくわかったが、それはものやさしい楽の音にかわりなく、それ以上のものではなかった。 ...
  • はげしい嗚咽おえつの声が、そのふるえる肩の下から洩れている。 ...
  • 彼は、藤原と、波田との手にすがって、何か言いたそうにしていたが、ようやく出た言葉は、はげしい嗚咽おえつのために聞きとることができなかった。 ...
  • ふっと、いつか為替屋の暖簾のれんを大きな背をまるめてくぐっていったこの豪傑の姿がよみがえり、熊野にいるかという子供たちの幻影が浮かぶと、彼女はふいにはげしい嗚咽おえつをあげはじめた。 ...