のちに述懐

9 の例文 (0.00 秒)
  • 学校生活の中では同級生と格闘の日々だったと彼はのちに述懐している。 ...
  • 何をするのにも黛氏が唯一ゆいいつのたよりだったと、三島はのちに述懐する。 ...
  • 「正直言って、その当時のアメリカの愛国的かつマッチョな雰囲気はあまり心楽しいものではなかった」とのちに述懐している。 ...
  • 秘書官は「鬼気迫るものがあった」とのちに述懐したほどだ。 ...
  • 「改めて政治の世界の冷酷さを思い知らされたようで、政権の先行きにいい知れぬ不安を覚えた」と田中の秘書の佐藤昭子はのちに述懐している。 ...
  • また、「日本国民の熱烈な愛国心は、若い私の胸中を非常に燃え立たせた」とのちに述懐している。 ...
  • 三島自身は『潮騷』でえがいた自然が、「協同體内部の人の見た自然」に徹しきっていなかったとのちに述懐する。 ...
  • 事変の一部始終をつぶさに見ていた水戸藩士・畑弥平は、襲撃から直弼の首級をあげるまで「煙草二服ばかりの間」とのちに述懐しており、襲撃開始から直弼殺戮まで、僅か十数分の出来事だった。 ...