つい先達て

9 の例文 (0.00 秒)
  • つい先達てまで日本の農民は平均一戸当り一万円近い現金を保有しているということが報ぜられている。 ...
  • 此の六畳が大変に汚なくなつて居ましたので、信者の内の一人がつい先達て畳替へをしたばかりのとこなのださうでした。 ...
  • 渡辺華山わたなべかざん邯鄲かんたんというくために、死期を一週間繰り延べたという話をつい先達せんだって聞きました。 ...
  • 本の好きな中の兄が、三千子の作文を大層ほめて、つい先達て買ってくれた、一少女の文集である。 ...
  • つい先達せんだって「歯」のことを書いた中に「硬口蓋こうこうがい」のことを思い違えて「軟口蓋」としてあったのを手紙で注意してくれた人があったが、こういうのは最も有難い読者である。 ...
  • つい先達て汗だくになつて刈込をした楊梅やまももの枝枝には、茜とも鳶ともつかぬ色のつややかな葉が、可愛らしくもう出揃つてゐる。 ...
  • これに反して、佐川のむすめの方は、つい先達せんだつて、写真を手にしたばかりであるのに、実物にせつしても、丸で聯想がうかばなかつた。 ...
  • つい先達ての日、大阪の笹屋で、楽譜をもとめたばかりなので練習不足だし、弾きなれないピアノで、ソフトペダルが、とてもききすぎて、戸惑っちまい、不出来だったと思います。 ...