ぞっと悪寒

9 の例文 (0.00 秒)
  • その顔がどうだったというのではなく、瞬間しゆんかん私は背すじにぞっと悪寒おかんを覚えました。 ...
  • 私は、さながらこの厖大な部屋が、冷たい絶望の宿ででもあるように、ぞっと悪寒を感じた。 ...
  • 水路のふちに足をかけ、かかとでくうを踏んだレイムの背筋に、ぞっと悪寒おかんがはしった。 ...
  • 旅人はそのまえに立ちどまり、首をひねり、そして何となくぞっと悪寒おかんのようなものをおぼえて、にげるように離れるのであった。 ...
  • 彼は黙って卓のまわりをひと廻りし、いまいましげに後頭を掻き、その大きな背中をぞっと悪寒でもが走ったように、幾度も、痙攣的に肩や肩胛骨をすくめた。
  • しかし、ニキータのようにがんこで融通のきかない良心は、彼を、頭の頂点から足のさきまで、ぞっと悪寒おかんに戦慄せしめた。 ...
  • ガルーの背筋にぞっと悪寒めいたものがはいのぼる。 ...
  • 背筋を、ぞっと悪寒が走った。 ...