そこに一縷

16 の例文 (0.00 秒)
  • 本部はそこに一縷いちるの希望を託して、彼女に協力を求めた。 ...
  • 僕はそこに一縷いちるの望みをつないでいるんだよ。 ...
  • そこに一縷の望みをかけて、自分は愚かにも夏野を土葬にした。 ...
  • そこに一縷いちるの希望が残されている。 ...
  • しかし一面からいうと、その判断に平素から大きな信頼しんらいをおいているホームズが、この説明で満足せぬとすれば、何かそこに一縷いちるの希望があるのにちがいないとも思ったのである。 ...
  • 元助はそこに一縷いちるの望みをつないでいた。 ...
  • そこに一縷いちるの望みがあった。 ...
  • 捜査陣はそこに一縷いちるの望みを託した。 ...
  • 其角はそこに一縷いちるの望みをたくし、人ごみをかきわけながら鴻池へと急いだ。 ...
  • 私はそこに一縷いちるの希望を見いだした。 ...
  • そこに一縷いちるの希望を託して、弓子は必死に電灯を点滅した。 ...
  • どっちにしても自分の体面をつくろうのには便宜べんぎな方向へ発展して行きそうなので、そこに一縷いちるの望をいだいた津田は、もう少し黙って事の成行を見る事にきめた。 ...
  • わたくしはそこに一縷の望を繋いで置く。 ...
  • しかし、その晦迷錯綜としたものを、過去の言動に照し合わせてみると、そこに一縷いちる脈絡するものが発見されるのである。 ...
  • しかし、伸子にして見ると、このどうにもならない窮境を、どうにかして切抜けたいと、そこに一縷いちるの望みを抱くのにも無理はなかった。 ...