せめてもの贖罪

7 の例文 (0.00 秒)
  • 善助を受遺者としたのも、せめてもの贖罪しよくざいのつもりだったのであろう。 ...
  • まるで、毒を受けることがせめてもの贖罪しょくざいであるかのように、ただ立ちくしていた。 ...
  • それがせめてもの贖罪しょくざいだと思っているんだ。 ...
  • こうした事情から、かつては自分もそうであった妹思いのよき兄を主人公に設定し、平和だった時代の上の妹との思い出を交えながら、下の妹・恵子へのせめてもの贖罪と鎮魂の思いを込めて、野坂は『火垂るの墓』を書いた。 ...
  • そして、せめてもの贖罪しよくざいにと、前橋の忘れ形見である順子を、養女として引き取ったのである。 ...
  • 話すうちに声を詰まらせ、涙を溢れさせる天本の顔を見つつ、中村の死を追体験するのは拷問ごうもん以外のなにものでもなかったが、これも巻き込んでしまった者のせめてもの贖罪しょくざいと思い、大湊は細大もらさず村瀬大佐が自決に至った経緯を聞いた。 ...