すさまじい憎悪

18 の例文 (0.00 秒)
  • 本当にそこにいるのではなく、どこかほかの場所で、何者かがこのすさまじい憎悪を送りだしているのだ。 ...
  • ベルといえば、世の中にこれ以上ないというすさまじい憎悪を顔中にみなぎらせていた。 ...
  • こうして、すさまじい憎悪の形相で腕を組み、なぜ急に相手が姿を消したのかわからず、ただ彼を待っていた将軍の前に歩み寄って行った。 ...
  • 彼女はファブリツィオは公爵夫人に愛されていると信じており、彼女の心はすさまじい憎悪に引き裂かれていた。 ...
  • そして、美しい顔をすさまじい憎悪の表情にゆがめて、燃えるような目で私をにらみつけた。 ...
  • あの半身付随の神のすさまじい憎悪が何億年ものかなたから自分のところまで届くのを痛いほどはっきり感じた。 ...
  • 愛を感じたときにはやむにやまれぬ殺意に絶叫し、おのれに対するすさまじい憎悪をうちに秘めて生まれてくる。 ...
  • その瞬間、すさまじい憎悪の混じった冷気が叩きつけてきた。 ...
  • しかも世にもすさまじい憎悪からでなくては書けぬ辞句がつらねてあり、侮辱しようという意図が先立ってかえって愚劣なものとなっていた。 ...
  • ピエモンテ人の目にすさまじい憎悪のこもった火花が散った。 ...
  • 竹子の眼から、すさまじい憎悪の色がほとばしった。 ...
  • 歴史的経緯によりイスラム教はキリスト教の「異端」とみなされたため、イスラム教徒はキリスト教原理主義者からすさまじい憎悪を浴びせられた。 ...
  • そのほのおよりも高くうずまき、灼熱しゃくねつの火花よりも心を焼くすさまじい憎悪と敵意が、どっとあしゅらおうを押しつつんできた。 ...
  • すさまじい憎悪と復讐心に煮えたぎりながら、アリアーナめがけてさらに軍刀をかざしたとき、轟然ごうぜんと火箭《か せん》が走って、兵士の右肩を撃ちぬいた。 ...
  • バハーイー教はムハンマドをもってすべての宗教の預言者の封印とするイスラム教の教条的な解釈からすれば『異端』『悪魔の教え』『邪教』であり、スンナ派、シーア派を問わずイスラム原理主義者からは『カーフィル』『邪教徒』とすさまじい憎悪を浴びせられた。 ...
  • イスラームの保守層からして、バハーイー教徒は「背教者」「異端」であり、すさまじい憎悪を浴びている。 ...
  • バハーイー教徒は歴史的経緯からイスラーム原理主義者からシーア派、スンナ派問わず、「邪教徒」、「背教者」、「カーフィル」とすさまじい憎悪を受けており、イスラーム原理主義の強い諸国ではしばしば偽装棄教を強いられる。 ...