しみじみ述懐

6 の例文 (0.00 秒)
  • 後年産をなしたとき、義兄はしみじみ述懐するようにこう語った。 ...
  • しかし、吟香はいまでも、古い仲間と逢って酒を飲む機会があると、しみじみ述懐しているという。 ...
  • 「ぼくは、書く前に、何にも考えないし、書いたトタンに、忘れてしまうんだよ」 山田耕筰さんが、音楽記者にしみじみ述懐じゆつかいした。 ...
  • 「しかし、さいわいにまちがいがなくてよかったのですよ、うっかりすると、とんだ事故を起しますからね、だからわれわれには、くだらない空想は禁物です、陸の飛行には少いのですが、洋上になると視野が単調ですから、したがってそんなことが多いのですよ」 と云って某飛行士がしみじみ述懐したことがあった。 ...
  • 「ほん、お父はんをきょうまで生かしておきたかったのう」 夕飯のあと、母はしみじみ述懐した。 ...