ご参詣

21 の例文 (0.00 秒)
  • 鎌倉の八幡さまのお開帳というので、ぞろぞろというご参詣でございます。 ...
  • おかげで姫はけがれも見ず、ぶじにご参詣ということになったが、さあ、そのあとがたいへんだ。 ...
  • 寺でも主簿のご参詣だというので、おろそかにはしない。 ...
  • それに、場所が場所でございますから、檀家の方なんでしょうか、その、ご参詣される方は必ずうちにお泊まり戴いておりました。 ...
  • 当今駕籠に乗ってどうこうというのは足の弱いお方が高野山へでもご参詣の時に山駕籠でお登りなさる、それとても現今はケーブルという便利なものが出来てます。 ...
  • 唯今は便利な世の中で、電車が出来、また車あるいはバスがあり、住吉へご参詣になりまするにも好いたものに召して、歩かずに行けるように交通機関が発達しておりますが、昔は先ず歩かずに行こうと思いますると、駕籠に乗るよりほかにしようがござりませなんだ。 ...
  • まず清水さんへご参詣あそばして、参拝をすました後、清水の舞台へ出ておいでになった。
  • 今から十年前、岳廟がくびょうにご参詣になり殷天錫いんてんしゃくに追われて、わしの山洞さんどうに一夜お泊まりなされたではないか。 ...
  • 昔は、玉屋と鍵屋の二軒の花火屋があったが、玉屋のほうは、天保十四年五月、将軍家慶いえよし公が日光へご参詣のとき、自火じかを出したために、お取り潰しになった。 ...
  • 浅草観音へご参詣の折、にわかの緒差込で難渋しておる。
  • むかしは、玉屋と鍵屋と二軒の大きな花火屋がありましたが、玉屋のほうは、天保十四年五月、将軍家慶いえよし公が日光へご参詣のときに自火をだしましたために、おとりつぶしになってしまいました。 ...
  • が、なにしろ馬乗りでありますから、またたくまに赤坂から目黒まで来てご参詣もすみ休息所までいらっしたが、正午までにはまだだいぶ時間があります。 ...
  • ご本尊は一寸八分の小粒でも、玉のいらかの本堂は、東西十七間二尺、南北十五間五尺四寸というごうきなもの、昼夜宗旨のさべつなく、ご参詣さんけいの善男善女がたえねえというにぎやかさ。
  • 管領かんれい扇谷定正さまの御台みだいさまのご参詣さんけいであるぞっ」 まるで夕立ちがきたように見物人は逃げちり、大道芸人たちは商売道具をしまいにかかった。 ...
  • さて、当日は将軍家の姫君も、船でご参詣さんけいというお触れがあらかじめ出ているので、時刻がくると、お船手の役人が綱をはって、永代橋はぴったりとしばし通行どめ。 ...
  • 住吉さんへご参詣しなはれ。 ...
  • それも、これも、感応寺にご参詣の御年寄様のお蔭、長い時刻を供待ちするご苦労をお察しなされて、帰りまでを気散じてこい、との有難い仰せ。 ...
  • 次へ