くる悪寒

9 の例文 (0.00 秒)
  • また、背筋をい上ってくる悪寒おかんは、寒さのせいばかりでもないようだ。 ...
  • それは彼女のマスターから伝わってくる悪寒であり、もはや絶望的なまでの死の匂いだった。 ...
  • 次から次へと襲ってくる悪寒に、足がガクガクと震えていた。 ...
  • 胸の中に忍び込んでくる悪寒を振り払うように、俺はアスナを抱く腕に力をこめた。
  • アヌスの皺の一本一本を丹念に舐められ、駆け上がってくる悪寒に、ユリカの膝が崩れそうになる。 ...
  • 私は、背中から体中に拡がってくる悪寒おかんに堪えながら、なお小一時間かかって下宿へ帰った。 ...
  • おかん ふてりいん はい上がってくる悪寒に震えながら、カイルロッドは最後の封印を解くことにした。 ...
  • 繰り返し襲ってくる悪寒と眩暈の中に、梓は北さんの目が両方ともうつろに見開かれ、虚ろに泳いだ視線の先に、まぶたの裏に貼りつけた陛下の肖像を、熱く凝視するのを見た。 ...