くる嗚咽

10 の例文 (0.00 秒)
  • こみあげてくる嗚咽に耐えている自分が信じられなかった。 ...
  • 信じられぬ思いで、こみあげてくる嗚咽おえつともヽヽはこらえた。 ...
  • こみあげてくる嗚咽をこらえきれず、里佳はテーブルに泣き伏した。 ...
  • なかでも片山のおっさんは、こみあげてくる嗚咽おえつの声をかみ殺すのに必死であった。 ...
  • 口元を引き結び、ジュウはのどの奥から込み上げてくる嗚咽おえつを必死に留めたが、涙がこぼれてくるのは防げなかった。 ...
  • 「そんなことが、あるはずはないでしょう」 けれど、と朱夏は込み上げてくる嗚咽おえつみこんだ。 ...
  • くずおれそうな体を両手で支え、こみ上げてくる嗚咽を堪えて、頬を伝い落ちる雫が乾いた砂地を濡らしてゆく音を聞いた。 ...
  • 体の髄深く、鋭く突き刺さってくる嗚咽であった。 ...
  • 奥歯を噛みしめ、こみ上げてくる嗚咽を堪える。