きれない嗚咽

5 の例文 (0.00 秒)
  • その頃にはもう、アスナを含む全員が、喉の奥から堪えきれない嗚咽を漏らしていた。 ...
  • アスナは俺の胸に顔を埋め、堪えきれない嗚咽を洩らした。 ...
  • それはしだいにこらえきれない嗚咽おえつになった。 ...
  • 喉の奥から堪えきれない嗚咽が漏れる。 ...
  • いや、そればかりでなく、隣りの部屋ですすり泣く声が次第に大きくなって、やがてそれは押えきれない嗚咽おえつと変り、平次と八五郎を驚かすのです。