かすかな嗚咽

11 の例文 (0.00 秒)
  • そして耐えきれないように、彼女はかすかな嗚咽を漏らした。 ...
  • やがてかすかな嗚咽おえつの声が唇をもれ、指のあいだから真珠のような涙があふれてくる。 ...
  • 背中を預けたドアを通して、直葉すぐはのかすかな嗚咽おえつが届いてくる。 ...
  • やがて、その奥からかすかな嗚咽が漏れ出した。 ...
  • かすかな嗚咽が、商いと炊事とで荒れた指のあいだから漏れ出て、静かな座敷のなかに響いた。 ...
  • 山下の胸に身を寄せて、かすかな嗚咽の声を洩らしている良の表情には、その場逃れの、気まぐれな打算というほかに、何の真摯さも、素直さも見出すことができない。 ...
  • 口元から洩れるかすかな嗚咽おえつが、水を打ったように静まる教室に響く。 ...
  • かすかな嗚咽がもれてくる。 ...
  • じき、かすかな嗚咽が流れはじめた。 ...
  • すると私はもう一度その頬を拭いてやり、まだいくらか濡れている眼玉の上をでてやり、それからその紙で、かすかな嗚咽おえつをつづけている彼女の鼻の孔をおさえ、 「さ、鼻をおかみ」 と、そう云うと、彼女は「チーン」と鼻を鳴らして、幾度も私にはなをかませました。 ...