お茶を濁す

65 の例文 (0.02 秒)
  • だがとにかく今はこう答えてお茶をにごす以外にできることはない。
  • しかしこうやって書き始めてしまった以上は、何も話さずにお茶を濁すわけにもいかない。 ...
  • それで従来の説に従いお茶を濁す結果となってしまい、申しわけなく思っている。 ...
  • だからメルルは、当たりさわりのない言葉でお茶をにごすしかないのだ。
  • それにお茶を濁すようなやり方は、彼の趣味でもなかった。 ...
  • 大きいギャンブルをしたいと思いつつ、駅前でパチンコを打ってお茶を濁すか。 ...
  • 負担にならない愛情生活でお茶を濁すよりは、とびきり美しい女の餌食になって人生の幾分かを無駄にするほうがいい。 ...
  • 行方不明者たちが生きているとは思えないので、あとは道路が再開してから、捜索隊を半日ばかり入れてお茶を濁すことになるだろう。 ...
  • 小説家その筆漸く意の如くならずその作また世に迎へられざるを知るや転じて批評の筆を取り他人の作を是非してお茶を濁す。 ...
  • 抱擁ほうよう以外にもお茶をにごす手段は、一縷いちるの望みながら存在する。 ...
  • 当時のアメリカの放送局では歌詞に問題がある曲の場合は、そのシングルのB面をかけてお茶を濁すのが慣例であったが、このシングルはB面の方が歌詞がより鮮明に聴こえて逆に効果大であった。 ...
  • あとは、おざなりの問いをいくつか投げてお茶を濁すと、尋問の終りを告げた。 ...
  • それを一語だけ変えて、お茶を濁すヽヽヽヽヽとすれば、現今の日本語の情況は、こんな姿になり果てている。 ...
  • ここで本心の、などといったら血の雨が降るのは確実なので、 「そうだね」 といってお茶を濁す。 ...
  • といって、専門以外はできぬなどという我儘は許されぬ以上、にわか勉強でなんでも、とにかくお茶を濁すよりほかはないのである。 ...
  • 人相や手相の一通りで、お茶をにごすぐらいのことは、何とかやってのけられます。 ...
  • 今ここに長文のエッセイを書く余裕はとてもないから、私の感慨の由って来るところを随筆ふうに記してお茶を濁すことにしたい。
  • 決して妥協せず、適当にしてお茶を濁すといったやり方は彼女の性格に反していたから、それは生徒たちにとってみればこの上なく厳しい先生であった。 ...
  • そんなに描けるキャラクターにバリエーションがあるわけでもないので、既に分けてしまったポスターのキャラの向き違いや姿勢違いでお茶を濁すしかない。 ...
  • ぼくは、そんなことを知らせれば父親の苦痛の種になるおそれもあり、それにぼく自身でも恥ずかしいと思っているくらいだから、とかいろいろの理屈を並べてお茶をにごすだけにしておいた。 ...
  • お茶をにごすように周囲を見回したオーリャが、ふと、目を留めた。 ...
  • 本物にもならず、酒席の座興で、お茶を濁すのが関の山だった。 ...
  • というわけで、今回のあとがきではそういったエピソードを適当てきとうにピックアップしてお茶をにごすことに決めました。 ...
  • いずれにせよ、こんな条件の元だ、分量については大体の目安でお茶を濁すしかあるまい。 ...
  • こういう無神経な手合いには、曖昧あいまいにお茶を濁すという態度は通用しないのだろう。 ...
  • 北が南へ浸透してゆくだけというのに、北爆は許されず、退屈極まりない哨戒と、形ばかりの訓練で、お茶を濁す日々の連続だった。 ...
  • 次週発行の『リリアンかわら版』は、またしても面白味のない記事でお茶をにごすより他にないのか。 ...
  • ここはうまくお茶をにごす程度でごまかそう。 ...
  • 次のページ