お数珠

11 の例文 (0.00 秒)
  • お数珠といったって、まるで鎖のように長いのよ。 ...
  • 数珠じゅずをくるのも忘れて、聞き入っていられる、宮の美しい尼姿を見て、源氏は、胸がいっぱいになる。 ...
  • 時々お数珠におデコを撫でて貰っていい気持になりたがるところがあった、アナ恐ろし。 ...
  • 白髭しろひげを胸までらしたおじいさんが、こぶしほどもあるたまをつないだ巨大なお数珠じゅずを持ってうろうろしていた。 ...
  • それはさみしいところで、波の音がしょっちゅう聞えていて、そこの河原で村の女たちは、長い長いお数珠じゆずを手に持って、輪になってお念仏をとなえながら、ぐるぐる廻るの。 ...
  • 御仏壇に紋附を召したお父さんのお写真が飾られているが、皆がナムアミダをやっている最中お母さんが思い出したようにナムアミダ、ナムアミダとお数珠をもんでいらっしゃる様子をみるといかにもところの慣習にしたがっていらっしゃるのがわかり、その退屈さを無意識に辛抱していらっしゃるのが分ります。 ...
  • 「ハルちゃん、わたし、お焼香のあと、あそこで話しこんでしもて、お数珠じゆずをハルちゃんに持っててもろたまま忘れて家に帰ってきてしもたわ」 頼子に言われて、温子はハンドバッグのなかをたしかめる。 ...
  • 私が、戯曲的に考えれば、生母の円明院えんみょういんお藤の方が、手首にかけた水晶の数珠じゅずを、武子さんが見て、 おかあさま、そのお数珠を、私の手にかけてください。 ...
  • お数珠締めが怖い小町は、泣く泣くタタミのもとへ向かう。 ...
  • ビアンカ、お数珠じゅずをとってたもれ。 ...