いかにも颯爽

6 の例文 (0.00 秒)
  • 野蛮な習慣だが、パイプをくわえた姿はいかにも颯爽として冒険家らしく見えた。 ...
  • そこから廊下を吹きぬける風がいかにも颯爽としているので、ひとしお日光の中に秋を感じる、そんな気持だ。 ...
  • こうきくと、いかにも颯爽さっそうとしているようですが。 ...
  • そうしてあくる朝になって、やっと平生のいかにも颯爽さっそうとしたお姿に立ち返えられながら、お帰りになって往かれようとなすっているあの方の後ろ姿を、突然、胸のしめつけられるような思いで見入りだしているのは、いつか私の番になっていた。 ...
  • 堂々たる体躯たいくと、いかにも颯爽さっそうたる大久保の風貌ふうぼうを見て、さすがの意次の目も狂いを生じたといってよい。