いう一縷

22 の例文 (0.00 秒)
  • ただしそれに米国民がついてゆかぬかも知れぬという一の望みあり。 ...
  • 水面下には凸凹の岩があるかもしれないとわかっていたが、それでも水が深いという一縷いちるの望みがある。 ...
  • 彼は、これで、どうか人ちがいであってくれたらという一縷いちるの望みも絶たれたと思った。 ...
  • わが家のエンクロージアでならという一縷いちるの望みは、だから持てるのである。 ...
  • 時は既に深夜となっており、彼女はまだ彼が自分を愛してくれているという一縷の望みにすがってはいるものの、彼女の若さと幸せが闇に呑まれる様子を目にする。 ...
  • ことによったら理事会の決議でそのまま彼が校長になるかも知れないという一縷いちるの望みがなくもなかったが、実際には三十七さいになる若い人物が後にえられた。 ...
  • ブラウンは、最初にコルネリアスのそばへ行かせてくれと頼む声を聞いた時は、ただ、これで脱出の抜け穴ができるかもしれないという一縷の希望を持っただけだった。 ...
  • けれども、スヌーキーがふねのくるのを気づかずに海へこぎ出してしまったことと、ぜひともスヌーキーをたすけてやらなければならないことを、わたしは何かの方法ほうほう船員せんいんたちに、わからせることができるかもしれないという一縷いちるのぞみをもっていました。 ...
  • 放浪バスに乗って脱出という一縷の望みをかけた人々がむなしく肉塊と成りはてた、その無念の臭いのはずだ。 ...
  • 次の年の夏、仲間たちからもすっかり浮き上がった存在になっていたわたしはもう夏祭りにもほとんど興味はもっていませんでしたが、もしかするとカムロミに会えるかもしれないという一縷いちるの望みを抱いて、縁日をぶらぶらとしていました。 ...
  • その私を外へと駆り立てたのは、伊豆の宿屋で識り合った安見子という名前の女性に、万一にも会えるかもしれないという一の望みにかされてのことだったかもしれない。 ...
  • ラリーはそれでも救援艦隊という一縷の望みに期待し、実際マスカリン諸島のフランス艦隊には嵐のあとでも動ける船が数隻あったが、1760年6月にイギリスによる襲撃の情報が入ると救援に行くわけにもいかなくなった。 ...
  • 私に会えるかもしれないという一ののぞみのためには、彼女はいかなる暗闇も、いかなる底なしの洞窟どうくつも、物の数とは思わぬらしい。 ...
  • そのホームズが、新しい事実を知るたびに、ジェームズの無実を信ずることいよいよ深くなってゆくのをみては、あるいはという一縷いちるの希望もすてかねるのである。 ...
  • ミッションを受け入れる側も、ひょっとしたらという一縷いちるの望みはないとはいえないが、今後の永い友好関係の中で中国との商談が出てくることを期待するといった程度の気持ちだったから、胸襟を開いて気楽に応対した。 ...
  • 「通信機能の不調か」という一縷いちるの望みは、延々と続くコールサインによって遂に絶たれた。 ...
  • 食糧は無理でも、薬ならわけてもらえるかもしれないという一縷いちるの望みにかけて、田口は〝中隊長〟とともに別部隊の捜索に出向いた。 ...
  • 次へ