あえない最期

25 の例文 (0.00 秒)
  • そういうファブリスが交尾期で、遠征に出掛けた或る日、田ンぼの傍の野天の肥溜こえだめに勢いあまってび落ちるという奇禍にい、無敵の勇将もあえない最期をとげるのであるが、私は志賀氏がそのファブリスが死んで行く場面を想像している描写力の凄絶せいぜつさに、驚かされた。 ...
  • ようやく最後に、出世した姉ジュリエットの手で救われるが、その幸福もつか、ある夏の日、雷に撃たれて、あえない最期を遂げてしまう。 ...
  • 甘露寺輝貴は、その矢を、背中に、ぐさと射立てられて、あえない最期をとげた。 ...
  • すべてのプロローグである「豹頭の仮面」において、平和で静かな中原の王国、パロは隣国ゴーラ三大公国の中の強国、モンゴールの、他の二大公を出しぬいた奇襲の前に陥落し、その王と王妃とはモンゴールの刃にかかってあえない最期をとげた。 ...
  • 幕末、土佐海援隊隊長の坂本龍馬が運用したことで知られるいろは丸が、紀州藩の明光丸と衝突後に沈没して、あえない最期を迎えたのは宇治島の沖合いであった。 ...
  • クイーンと名のるふたりの紳士が、センター街〔ニューヨーク警察本部〕と、ブロードウェー上町かみまち〔クイーンの住所〕から、はるばるやって来て、こんな人気ひとけのない山の燃えあがる山道で、あえない最期をとげ、この世を去るのを誰ひとり見守る者もいないことになるんだなと。 ...
  • しかし、嫉妬に狂った「白い手のイゾルデ」が、白い帆を黒い帆だと伝えたために、気落ちしたトリスタンはあえない最期を遂げる、というもので、この「白い帆・黒い帆」のモチーフは、ギリシア神話の英雄テーセウスにまつわる伝承が取り込まれたと見られる。 ...
  • しかし、そのマムシはあえない最期を遂げた。 ...
  • バカでも釣れるといわれるのも、種明たねあかしをすれば、ハゼが人一倍食いしん坊だからで、ときには、餌のない釣針までも頬張り、あえない最期をとげています。 ...
  • この年六月二日に、右大臣織田信長うだいじんおだのぶながは、反逆者光秀はんぎやくしやみつひでのために、本能寺であえなき最期さいごをとげた。 ...
  • 詩織は、警官隊に取り囲まれて、機関銃きかんじゅうちまくりながら、あえない最期さいごをとげる、こんなシーンを想像して、ぐっとむねせまり、なみだぐんだ。
  • シェイクスピアが依拠した、エドワード・ホールの歴史年代記『ランカスター、ヨーク両家の統一』によると、その後、ケードは包囲網を突破し、変装してたくみに国内を逃げのびるが、ケントの郷士アレグザンダー・アイデンの庭に潜んでいるところを発見され、アイデンの手にかかってあえない最期をとげる。 ...
  • あえない最期をとげた。 ...