wasa

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 上方と下方に分かれて行われ、太鼓隊、引き隊、押し隊、ワサ係から構成される。 ...
  • 酒と板ワサと鳥ワサと玉子焼きとにしん棒煮と焼きのりを注文する。 ...
  • 鳥ワサをつまみに、僕と直美はビールを飲みはじめた。 ...
  • しばらく近所の間でたらい回しにされたが、最終的に当時九歳だった姉のワサが親代わりとなり、一里も離れたところへ計介を抱いて「もらい乳」に出かけたり、重湯を飲ませたりして育てた。 ...
  • スウェーデンのワサ基地とは200mしか離れておらず、緊密な協力体制をとっており、2ヶ所合わせてノルデンショルド基地とも呼ばれる。 ...
  • この地はどういう土地ガラであるかというと、ヒダの最南端でミノに接するところだが、昔はミノの国に所属して、壬申の乱のころは、この辺をワサミ郷と云ったらしい。 ...
  • ソーリハルを退団すると現役を引退し母国に戻ったが、2014年1月にのWASA FCに加入し現役に復帰。 ...
  • 渡りに船、地獄に仏、二級酒に板ワサ、ビールに枝豆とばかりに、その依頼を引きうけたことはいうまでもない。 ...
  • ワサは熱心なキリスト教信者で洗礼名をモニカと称し、ウィリアムとの間に5人の息子と3人の娘をもうけた。 ...
  • 四国村のワサ・ダウン邸はウィリアム・ダウンが亡くなった1905年に神戸・北野に建てられた家でワサが73歳で亡くなるまで住んでいたと云われる。 ...
  • 一見したところヒダのワサミの神様に関係した地名ではないようですが、このヒダのワサミという地名は下原、中原、上原、という三ツの村を合せてワサミ郷と云う大きな総称で、さすれば三郷村というのと通じるところがあるのです。 ...
  • 竣工年にウィリアム・ダウンが死去したため、ウィリアム・ダウンと結婚した長崎の丸勢兵太郎の娘、丸勢ワサという日本人女性の名前によりワサ・ダウン住宅として呼ばれるようになった。 ...
  • さらにはフォート・スティールの北約32キロメートルにあるワサを経由して、ワサからクートネー川の上流約45キロメートルにあるカナル・フラッツまで川沿いに続いている。 ...
  • 私は、梅干とワサビヅケをねりあわせたものを、梅ワサと称し、酒のさかなとして愛好する。 ...
  • 「熊野道之間愚記」建仁元年10月8日条に「ワサ王子」の名が記されている が、日前國懸宮での奉幣のため別の道をとったため、参詣していない。 ...
  • その後、ワサ1が1971年に走行特性試験車ヤ81に改造され、残ったワサ2は第2種休車のまま沼津機関区などでの展示会に供されたが、分割民営化直前の1987年に除籍され、形式消滅した。
  • 隆佐の妻の洗礼名はマグダレーナで、日本名はワクサ、またはウサ、ワサなどと伝わるが、彼女も北政所に仕えて、侍女となった。 ...