varo

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はちょっとのあいだ頭を垂れてすわっていたが、それからヴァロを見上げた。 ...
  • 同日、チェーネの町長ジョルジオ・ヴァロティをの死亡が確認された。
  • 「ヴァロ将軍、確かに彼を保護すべきです」タマンが賛意を表した。 ...
  • 一方、古代ローマのヴァロは、瘴気とは気体ではなく微小な動物だと主張した。 ...
  • わたしはこの四角の四隅にそれぞれ紐を結び、これらの紐の先端に敵にあてたヴァロの通信文がはいった皮の封筒をつけておいた。 ...
  • また、コペンハーゲンの50kmほど南にあるヴァロ城とその教会には、フレデリク4世時代のレースが非常に良い保存状態で残されている。 ...
  • そこで、ヴァロはサナラの軍人を一兵にいたるまで動員して、史上空前の大捜査網を展開するように命じた。 ...
  • それからヴァロが口を開いた。
  • わたしは捜索の一員に加わる許可を求め、ヴァロがそれを許すと、すぐ自分の宿所に行って、わたしの世話をするようにと選ばれていた召使いを呼んだ。 ...
  • ツァロという小村で、スークとヴァロの活躍により山賊を蹴散らした。 ...
  • ハンニバルは敵ローマ軍の指揮官がヴァロであることを知り、決戦に誘うことを決心する。 ...
  • このときヴァロは中央の歩兵部隊の全戦力を運用してカルタゴ軍の中央突破で勝利することに注目しており、カルタゴ軍中央の歩兵部隊は凹字型の態勢に圧迫されていた。 ...
  • ヴァロはメキシコに残った。 ...
  • ヴァロという名だった。 ...
  • ヴァロ説に、昔エトルリアの王や貴人は新婚に豕を牲した。 ...
  • ドイツ軍がフランスに侵攻し、ペレは政治活動のために逮捕され、レンヌ刑務所に収監されたが、混乱のなかで保釈され、ヴァロとともに南部自由地帯のマルセイユに逃れた。 ...
  • 片耳の古馬で名前をヴァロと付けた。 ...