tohoシネマズ六本木

39 の用例 (0.00 秒)
  • TOHOシネマズ六本木ヒルズと全国の映画館では朗読文が掲載されたブックレットが販売された。
  • TOHOシネマズ株式会社が運営するようになってから上映編成が従来よりも自由になり、単館系作品やTOHOシネマズ六本木ヒルズ系の洋画作品をレイトショーとして上映することもある。
  • 日本では2006年1月21日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国順次公開された。
  • 会場はTOHOシネマズ六本木ヒルズで、すべての作品がスクリーン7で上映された。
  • 会場にはTOHOシネマズ六本木ヒルズ、シネマート六本木の2つの映画館が使われた。
  • しかし、2010年3月5日にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて6年ぶりに開催され、現在も行われている。
  • 日本語字幕版は当初東京のお台場シネマメディアージュとTOHOシネマズ六本木ヒルズのみで公開され、他館では日本語吹き替え版のみ上映された。
  • 日本では同年11月7日からTOHOシネマズ六本木ヒルズ他、全国TOHOシネマズ系で公開された。
  • 日本では、2009年3月にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された「フランス映画祭2009」において、『伯爵夫人』のタイトルで3月13日に上映されたが、通常の劇場公開はされていない。
  • 六本木の上映会場には、第17回から使用しているTOHOシネマズ 六本木ヒルズに加えて、新たにシネマート六本木も使われた。
  • 東京ではTOHOシネマズ六本木ヒルズ、大阪ではTOHOシネマズなんばが会場となった。
  • ワールドプレミアは東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズで2009年6月8日に開催された。
  • 日本では2013年7月12日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。
  • 日本ではお台場シネマメディアージュ、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国284スクリーンで公開され、興行通信社による全国映画動員ランキングでは初登場で4位となった。
  • 公開前日の2011年3月4日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで、前年に続いて大人だけのオールナイト上映を実施した。
  • TOHOシネマズ六本木ヒルズはTHE FROGMAN SHOWの初のオールナイト・イベントを行った場所である。
  • 一般上映は同年8月31日に終了したが、同年10月13日には『角川アニメフェスティバル』の1作としてTOHOシネマズ六本木ヒルズにて特別上映された。
  • その結果、名画座やDVDで人気を博した70年代のカルト映画が、TOHOシネマズ六本木ヒルズのプレミアスクリーンで上映されるという事件が起きた。
  • 日本では、アメリカ公開版『グラインドハウス』が同年8月24日から31日までの8日間限定でTOHOシネマズ 六本木ヒルズとTOHOシネマズ なんばの2館で公開された。
  • 日本公開は2006年4月29日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズで先行ロードショー、5月13日より全国のTOHOシネマズ他にて拡大公開された。
  • 次へ »