rsa公開鍵

4 の用例 (0.00 秒)
  • 次にRSA公開鍵が含まれる。
  • 次に、認証局の証明書から取得したRSA公開鍵が、最初の証明書の署名をデコードしてMD5ハッシュを得るために使用される。
  • もし感染した場合、RSA公開鍵暗号が入ったマウントしたネットワークドライブやローカルに保存している重要ファイルを暗号化、非公開鍵はマルウェアのコントロールサーバーでしか保存されていない。
  • 最初はC&Cサーバに接続を試み、その後2048ビットのRSA公開鍵と秘密鍵のペアを生成し、その鍵をサーバにアップロードする。