osi参照

110 の用例 (0.00 秒)
  • OSI参照モデルに基づき、各階層でのプロトコルやサービスが開発されている。
  • トランスポート層はOSI参照モデルにおける7階層の内の第4層の名前でもある。
  • WANの技術の大半は、OSI参照モデルの下位3層で機能する。
  • DPI機能が使われるのは、機器がOSI参照モデルの第3層より上の情報に基づいて何らかのアクションをとる場合である。
  • OSI参照モデルは、国際標準化機構によって策定された、コンピュータの持つべき通信機能を階層構造に分割したモデルである。
  • インターネットワークとは、OSI参照モデルの第3層で動作する機器でネットワークを相互接続すること、あるいはそのように相互接続されたネットワークを指す。
  • コンピューターから見たOSI参照モデルでは、通信ポートとその先のモデムが物理層に相当する。
  • 他のプロトコルを使用する LAN のOSI参照モデルに従う。
  • OSI参照モデルでいうところの物理層から、データリンク層、ネットワーク層までの標準規格を提供している。
  • 主にIPプロトコル上に実装されておりOSI参照モデルのトランスポート層にあたる。
  • アプリケーション層とは、OSI参照モデルにおける7階層の内の第7層である。
  • SNMP は、OSI参照モデルのアプリケーション層に相当する。
  • IETFは7層からなるOSI参照モデルに従うような試みはせず、また標準化過程にあるプロトコル仕様やその他の構造上の文書をOSI参照モデルに対して参照する事もしない。
  • 当時、OSI参照モデルは完成していなかったため、フェーズIVのプロトコルの大部分は独自のものだった。
  • 主としてISOのOSI参照モデルでは第3層 ネットワークレイヤで使われる。
  • 従来のUDPと同様、主にIP上に実装されておりOSI参照モデルのトランスポート層にあたる。
  • 当初4階層で構成されていたが、後にOSI参照モデルに準拠して7層のネットワークプロトコルとなった。
  • SS7のプロトコルスタックは、OSI参照モデルを部分的に借用している。
  • OSI参照モデルはネットワークの基本として残り、互いを補い合う形に落ち着いた。
  • ブリッジは、OSI参照モデルのデータリンク層で、ネットワーク同士を接続する機器である。
  • 次へ »

osi参照 の使われ方