osi参照

110 の用例 (0.00 秒)
  • その機能はOSI参照モデルのネットワーク層に直接対応している。
  • OSI参照モデルのネットワーク層にほぼ対応する機能を持つ。
  • OSI参照モデルは今も教育的な意味で非常に重要である。
  • 従ってOSI参照モデルで言えば、物理層で動作する機器である。
  • OSI参照モデルにおけるネットワーク層データの転送処理を主な機能とする。
  • OSI参照モデルのネットワーク層から上の層を実装している。
  • OSI参照モデルは、ネットワークの概念の教育にとって重要な前進であった。
  • OSI参照モデルでは、この機能はセッション層が対応している。
  • OSI参照モデルのようなプロトコルの階層化の初期の例である。
  • OSI参照モデルのネットワーク層の中継機器である。
  • その3層構造はOSI参照モデルの下位3層と密接に対応している。
  • MOST規格には、OSI参照モデルの全7層に対応する仕様が定義されている。
  • プレゼンテーション層とは、OSI参照モデルにおける七階層の内の第六層である。
  • プロトコルはOSI参照モデルと関連付けて語られることが多い。
  • DPIを備えた機器はOSI参照モデルの第2層と第3層以上を調べる能力がある。
  • ネットワーク層とは、OSI参照モデルにおける7階層の内の第3層の事である。
  • OSI参照モデルでは、第2層であるデータリンク層に相当する。
  • 以下は各種の通信プロトコルについて、OSI参照モデルの7層のうち最も近い層に分類したものになっている。
  • セッション層()とは、OSI参照モデルにおける七階層の内の第五層である。
  • ISOのOSI参照モデルではネットワーク層にあたる。
  • 次へ »

osi参照 の使われ方