m四方

85 の用例 (0.00 秒)
  • 機体の飛行速度にもよるが、数百m四方の空間が確保できることが安全上必要となる。
  • パリの街頭の各所に約2m四方のその公演ポスターが連なって貼られる。
  • 東晋の祖逖が建設して以来の1600m四方の古い城郭都市は老城と呼ばれた。
  • 航空機から見下ろすと800m四方の模様がどこまでも広がっているのが分かる。
  • 時計下の外壁レリーフは2m四方の銅板3枚を使って叩き出されたものを使用した。
  • 二つ目は40 m 四方の広さの城塞都市広場で、ギルドが健在だった時代には市場が開かれていた場所である。
  • 山林には曲輪や土塁、空堀が残っており約500m四方の城域をもつ大規模の城であった。
  • 鎌倉時代末期頃製作と推測される仏像や梵字の石刻が10m四方に渡って散在している。
  • 子弾は成形炸薬であり、軽装甲車両に対する攻撃力も有し、被害範囲は100m四方とされている。
  • 発見された半円形の小屋の内部は木の枝で作った屋根の下に作られた2m四方の空間となっており、レンガ造りの暖炉や火鉢があった。
  • さらに2桁の高分解能コードを追加することで、約3m四方で場所を特定することが出来る。
  • 爆発によって左舷に12m四方の亀裂が生じ、艦が大きく損傷した。
  • 北宋代に老城の北1000mの位置に、1000m四方の新たな城郭都市・新城が建設されている。
  • 短剣道の試合は、銃剣道と同じ10m四方の試合場の中で、短剣道用の竹刀で行う。
  • 平成の現在も、半径300m四方に幾軒もの薬局が連なり往時の勢いを今に伝えている。
  • 州内には800m四方の区画が約25万枚も存在する。
  • 移動の際は提棍を用いて4人で運搬することが可能であり、砲の設置には2m四方を掘土して設置面を水平にする必要があった。
  • 約100m四方の広場を中心とし、南側に高さ数10mのピラミッド型をした丘の表面に沿って神殿が築かれている。
  • 古代日本では約109mは1町に当たり、約109m四方の面積も同様に1町と呼ばれていた。
  • 本ゲームでは街を50m四方のブロックに区切って、主人公周辺のブロックを順次読み込んでいくという方法をとっている。
  • 次へ »