m前後

275 の用例 (0.00 秒)
  • 底部までの距離は10m前後で氷の融解した水が流れている場合もある。
  • この時に製作されたVガンダムは10m前後で実際の設定よりも小さい。
  • 体長は20m前後のものが多いが、個体差があり大きなものも存在する。
  • 雌雄により異なるが1つの繭から得られる糸は600 m 前後である。
  • 全高は二足歩行タイプで10m前後、小型の三階建てビル程のサイズである。
  • 宋代の龍泉窯では長い窯体を持つものは長さ80m前後にまで達した。
  • 特に明確な基準があるわけではないが、10m前後のものは大型住居と呼称する。
  • 島の北部と南部に標高100m前後の第四紀更新世の海岸段丘が見られる。
  • 全長85m前後の前方後円墳で、3基の中で唯一、後円部が東側にある。
  • なお、海岸線沿いは砂丘となっており、その高さは15m前後とされている。
  • 学園前の最高地は北部北登美ヶ丘や真弓付近で約180m前後である。
  • 津波は、田老や大船渡で最高20m前後の高さであったと推定されている。
  • 機体は10m前後とこの時期のMSの小型化に拍車をかけるような小型機である。
  • 長さ約6mだが生体内では筋肉の収縮によって3m前後まで縮んでいる。
  • 町は、コミューンの北西部にある標高100m前後の小さな丘を占めている。
  • 墳形は不明であるが、規模は30m前後であったと考えられる。
  • テヅルモヅル類であっても、10m前後に生息している例がある。
  • 伝路は以前からの自然発生的なルートなどが改良されて、整備されたと見られており、道路幅が 6 m 前後であることが多い。
  • 道路の脇に並んで立っている、30cm~1m前後の細い円柱である。
  • 樽本地区は標高700m前後に位置する、険しい山中にある集落である。
  • 次へ »