isdn回線

45 の用例 (0.00 秒)
  • 初代のファミポートはWindows 2000 を使っており衛星並びISDN回線を使用していた。
  • パソコン通信が開始された1980年代から1990年代末期までは、一般家庭などからパソコン通信のホストやインターネットへアクセスする場合、ほとんどのケースではアナログ回線やISDN回線などの一般的な電話回線を使い、発信場所から最も近いアクセスポイントへ接続を行い通信をすることが主流であった。
  • 高速大容量通信回線網の整備も遅れたのは事実で、東京から約50Km圏内、住宅地として著しい人口増加を遂げたにもかかわらず、ISDN回線の使用もままならない時代が続いた。
  • 未整備でISDN回線だった三神地区も、地域住民と町による徹底した働きかけにより説明会が開かれ、後に一定数の仮申込み件数を満たすことが出来た為、 2008年9月1日より光回線が建物内への引込み線工事が始まり、町の大半の地域でブロードバンドが利用可能な状態になった。
  • ISDN回線のDチャネルを使用するものである。
  • なお、光回線、ISDN回線のデータ回線終端装置は、モデムと呼ばれることはない。
  • 余談だが、かつてのVodafone 3GからISDN回線に発呼した場合、呼び出し音が異なっていたことがある。
  • ただし、当時市販されていたNTTのISDN回線による据置型テレビ電話端末「Phoenix mini」とは、それぞれが互換性のない通信方式を採用していたため、互いの間でのテレビ電話としての通話はできなかった。
  • 例えば、DTEが単一のISDNコネクションよりも高速な転送レートを必要とするときに、逆マルチプレクサを使って複数のISDN回線を束ねて高速なデータ転送を可能にする。
  • ISDN回線の場合、その内線のダイヤルイン番号もしくは契約している任意のダイヤルイン番号が、特定番号通知機能を契約した場合フリーダイヤル・ナビダイヤル番号が、通信機器の設定で通知可能である。
  • サービス開始当初は「#+4桁」から成る専用の短縮番号で電話をかける方式のため、ダイヤル回線契約電話からは利用不可能であり、プッシュ式公衆電話・プッシュ回線契約電話・ISDN回線契約電話から利用可能であった。
  • コンテンツ・プロバイダは、1本のISDN回線の契約、パソコン、専用ソフトを用意するだけで複数のユーザーに情報を配信できる。
  • ADSLによる常時接続が広く普及するまで、個人がインターネットへ接続する方法は電話回線へモデムをつなぐかISDN回線へDSUならびに対応ターミナルアダプタかルータで接続し、ダイヤルアップする方法が一般的であった。
  • 各局を結ぶ伝送路は、NTTの有線回線もしくはマイクロ無線回線を使うのが一般的だが、JFNでは通信衛星とバックアップのISDN回線を用いて回線の強化とコストダウンをはかっている。
  • ISDN回線や公衆回線によるダイアルアップなどを利用して、遠隔地のコンピュータネットワークへ接続するための仕組み。
  • ただ当時、リモートアクセスサーバーが非常に高額であったため、ISDN回線を1回線用意すれば、複数のDoPa端末からネットワークに同時アクセスができるため、あまり大きなデータを使わない、テレメトリングでの利用に重宝された。
  • 加入電話やINSネット64などのISDN回線を加入者の宅内に引き込む際、電柱上の架空線から引きおろす屋外線と、加入者側の電話機や端末機器を接続する屋内線との間に設置する。
  • 現在は従来主流であったNTT東日本・NTT西日本・電力系通信事業者のISDN回線のほかに、インターネットの帯域保証型IP回線・VPN回線 、専用の光回線、衛星回線などを使用・併用しているところもある。
  • さらにi・ナンバー、ダイヤルインで電話・FAXそれぞれに番号を与えて1つのISDN回線で兼用している中小事業所でも複数回線対応の0AB-J番号のプライマリIP電話への置き換えが進んでいる。
  • 内蔵されたCD-ROMやキャッシュ内にデータの無いソフトウェアはTri-P・ISDN回線でダウンロードし、フロッピーディスクや専用のROMカートリッジに書き込んで販売することにより、店頭に在庫を置かなくても販売できるという点が画期的だった。
  • 次へ »