gpiib

全て 名詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • 活性化していないGPIIb/IIIaには結合することはできない。 ...
  • ただし、現存するGPIIb/IIIa量と臨床症状との相関関係は明らかになっていない。 ...
  • この遺伝子異常は、GPIIb/IIIaの量的異常と機能異常に分けられる。 ...
  • この現象は血餅収縮と呼ばれ、これが起こるためには血小板が糖タンパク質GPIIb/IIIaを介してフィブリンと結合していることが前提となる。 ...
  • さらに、血小板内ではこの結合によって別の糖タンパク質であるGPIIb/IIIaが活性化し、ここにフィブリノーゲンが結合する。 ...
  • また、後天性のものとして似た症状が起こるものには、抗血小板療法やGPIIb/IIIaに対する自己抗体の産生などがある。 ...
  • この凝集に関わる分子、GPIIb/IIIaが血小板上において欠損していることによって、血小板が凝集できなくなる。 ...
  • このフィブリノーゲンは、別の血小板ともGPIIb/IIIaを介して結合し、これが連鎖していく。 ...
  • 血餅収縮検査を行うことによって、このGPIIb/IIIaの欠損を検出することができるため、血小板無力症のスクリーニング検査として用いられる。 ...
  • フィブリノーゲンは、血小板のGPIIb/IIIaと呼ばれる糖タンパク質に結合することができる部位を2つもっており、これによって血小板同士を連結する。 ...
  • 粘着によって血小板が活性化すると、GPIIb/IIIaと呼ばれる糖タンパクが活性化し、ここにフィブリノーゲンが結合する。 ...
  • GPIIb/IIIaの欠損した血小板では、本来は血小板粘着後におこる扁平・伸展化といった形態変化は低下し、さらに血小板凝集が起こらなくなる。 ...
  • GPIIb/IIIaの欠損は遺伝子異常によるもので、常染色体劣性遺伝の遺伝形式をとる。 ...
  • GPIIb/IIIa複合体やGPIb/V/IX複合体などと呼ばれる糖タンパク質は、血小板の粘着・凝集に関与する受容体としてはたらく。 ...