conti

30 の例文 (0.00 秒)
  • Contiを運用するハッカーグループが犯行声明を出し身代金を要求。 ...
  • ルイ十四世時代に、伯爵の身寄りの女が、コンチ大公家のものと結婚している。 ...
  • しかし、彼女は、コンチ大公および彼女自身の運動の成功をあまりあてにはしていないようでもあった。 ...
  • Contiは、ネットワークを通じて横方向に広がることで被害を拡大させようとする。 ...
  • ダルチ夫人はコンチ公の愛人というよりむしろ友人、たった一人の誠実な女友だちだった。 ...
  • Shutterflyは身代金の支払いを拒否しているのかContiは盗んだ情報をリークサイトに流し始めた。 ...
  • キミはまごまごしていると、たちまちアイビーやコンチの似合う男になってしまう危険にさらされている。 ...
  • RyukやContiで奪った身代金のビットコインを自分達のウォレットに転送しており、同グループが複数の異なるマルウェアを使用して攻撃を実行しているとみられている。
  • 彼はできた原稿をヌーシャテルの友人に届けるなどといったことまでしたが、やがてイギリスを去り、フランスに戻り、コンチ太公に提供されたトリイで、一七六七年の夏の終りから秋の初めに第六巻を完成した。 ...
  • コンチ公がモリエールの援助をやめたのは後のアレトの司教の示唆であるといわれ、また『タルチュフ』事件をみても、当時の教会の態度は理解できよう。 ...
  • わたしは同意しなかったが、ひそかにタンプル〔コンチ大公のパリ邸〕にゆくという提案にも、同意しなかった。 ...
  • 彼女は、動揺の様子でいったりきたり、夢中で動きまわり、コンチ大公も、わたしを待ちかまえている打撃をそらすために骨折ってくれている、とわたしに保証した。 ...
  • ダークサイドなどこれまでのランサムウェアグループは医療機関などは標的にしない事を明言しているグループが多かったが、Contiは多数の医療機関を問答無用で標的にするなどその凶悪さが注目を集めている。 ...
  • Contiを開発しているのは、ロシアのサンクトペテルブルクとウクライナを拠点にしていると推測されるハッカーグループのウィザード・スパイダーで、同グループはランサムウェアも運用している。 ...
  • Contiは、2020年5月に初めて確認されたランサムウェアの一種。 ...
  • 国内は親ロシア派グループContiからサイバー攻撃を受けたため、就任直後に非常事態宣言を発令した。
  • リュクサンブール邸でもまたタンプル〔コンチ大公の邸〕でも、こうしたことすべてにたいしてわたしに残された唯一の支えは、わたしの友だと公言しているロランジ騎士だけだった。 ...
  • わたしは、コンチ大公の家臣たちも公の領地で、これに劣らず苛酷にふるまっている、ということを知った。 ...
  • この学校は現代フランスでも屈指の名門校ルイ・ル・グラン高校の前身で、当時は貴族や大ブルジョワの子弟の特権校であったが、彼はここで終生の友人となったシャペル、ベルニエ、後に彼の劇団の庇護者となったコンチ公を識ったという。 ...
  • その結果、デバイスのCPU使用率、機能、パフォーマンスにも影響が出るが、Contiは発見されるリスクよりも迅速に暗号化することで任務を達成しようとする。 ...
  • そうした、みち足りた生活は彼の創作力に拍車をかけて多くの作品を世に問うと同時に、年来の保護者コンチ公に仕えて、コンチ家の歴史編纂の仕事も引き受け、生活はすっかり安定していた。 ...
  • そのむね、ロランジ騎士〔コンチ大公につかえたフィレンツェの貴族〕に告げると、彼はわたしをあざ笑って、あの方はそんなことは気にとめていない、気づいていないくらいだといってくれた。 ...
  • 以後、一座は「コンチ公専属劇団」を名乗り、地位的にも財政的にも一つの足がかりをえた。 ...
  • 散文の悲劇をつくったが、これがまずコンチ大公のとりまきのあいだで朗読され、回覧され、激賞された。 ...
  • コンチ大公につかえている人で、リュクサンブール夫人の取りまきの一人ロランジ騎士は、翌一七五九年の復活祭の旅行のさい、ひんぱんにわたしのところへ遊びに来、わたしたちは懇意になった。 ...
  • コンチ大公〔オーストリア王位継承戦争で武勲をあげ、ルイ十五世のもとでは外交の要職にあった〕が、わたしを二度までも訪問されたことである。 ...
  • Contiは発掘された断片を枢機卿 アレッサンドロ・ファルネーゼに贈呈した。
  • ボーマルシェは大衆に温かく迎え入れられ、コンチ大公やシャルトル公爵は彼のために豪勢な宴を開催したとのことである。 ...