cmに達する

173 の用例 (0.00 秒)
  • 葉は長さ15cmに達するとげのある2mの葉柄と多数の小葉から成る。
  • 仮幹は高さが20cmに達することもあり、分枝をするものもある。
  • 比較的大型のグループであり、後期には頭胴長約60cmに達するものも存在した。
  • 最大種はアメリカアリゲーターで最大全長が600cmに達するとされる。
  • 越冬した幼生は大型になり、尾まで含めた全長が8cmに達するものもいる。
  • 根出葉は5枚の小葉からなる掌状複葉で、葉柄は50cmに達する。
  • 最大では50cmに達する例もあるが、普通はずっと小さい。
  • 深さ数十cmに達する巣穴を自分で掘ることもあるが、他個体や他種の掘った巣穴、または石の隙間をそのまま利用することも多い。
  • 鱗片はいずれも縁が滑らかで淡褐色、大きいものでは長さ2cmに達する。
  • 大きくなると、枝先は高木層の樹冠に達し、幹は直径数cmに達する。
  • 歯の長さは36 cmに達するが、これも捕食に用いるものとしては、知られている動物の内で最大である。
  • 頭部には2本の角があり、吻端部の角のほうが長くなり最長160cmに達する。
  • 基亜種より小型だが、仲御神島の個体群は海鳥を食べることで大型化し130cmに達するとされる。
  • 草姿は直立もしくは横に広く伸び、草丈は30から60cmに達する。
  • 体長は20cm程度であることが多いが、最大では全長29cmに達する。
  • 最大種はオオアナコンダで最大全長が900cmに達するとされる。
  • 開花期は春で、花茎は長く直立して伸びて長さ50-100cmに達する。
  • 成体は体長15cmほどだが、メスの中には30cmに達するものもいる。
  • 強く縦扁した平べったい頭部と細長い体をもち、体長は最大で78cmに達する。
  • ゴンベ科には最大で55cmに達する種類が知られるが、ほとんどの仲間は小型で、体色の鮮やかな種類が多い。
  • 次へ »