abarga

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • もし烏桓がAwarを写したものであり、Awarがモンゴル語のabargaと連結するならば、烏桓族はテュルク・モンゴル族に普遍的にみられる狼をトーテム獣とするが、その狼を虫という隠語で呼んだ柔然族の祖であった可能性が高い。 ...
  • これらの原音は不明だが、一説では「abarga」若しくはその変化形で、意訳されたのが「柔然」や「茹茹」等、音訳されたのが「Avars」や「阿抜」や「Apar」であるとしている。 ...