鼻をぴくつか

17 の例文 (0.00 秒)
  • 遊ぶだけではなく、チャルは鼻をぴくつかせて好きな草を探します。 ...
  • いやしい連中だけが、鼻をぴくつかせながら餌を食べに進み出るのだ。 ...
  • かれらのある者は変形した鼻をぴくつかせていた。 ...
  • 動物は林間の広い草地に立ち、鼻をぴくつかせ、首をせわしなく左右に向けていた。 ...
  • その男は鼻をぴくつかせ、困惑した表情になった。
  • 鼻をぴくつかせ、下唇したくちびるんだらしく、口もとが血にまみれまだらになっている。 ...
  • 引きあげようとし、彼は鼻をぴくつかせた。 ...
  • 叉焼肉チヤアシヤオロウのにおいがするな」森田が楽しげに鼻をぴくつかせた。 ...
  • 慶次郎は鼻をぴくつかせた。 ...
  • 漆をぬりこめたような闇のなかを、鼻をぴくつかせながら、西門慶はさまよいあるく。 ...
  • 「間に合せなもんで、絵の方はお粗末ですが、文章の方は、あたしが書いたんで、ちょっとばかり自信がありますのよ」 伍助が、鼻をぴくつかせた。 ...
  • 「お前は忠義の見本だよ、ラパス」 それを聞いて、ラパスは得意そうに鼻をぴくつかせた。 ...
  • 二人がたちどまるとそれもたちどまり、顔をつきだして二人をじっとながめ、鼻をぴくつかせて、二人の臭いをかぎつけしらべるのであった。 ...
  • 犬のうち、一匹のめすはちょうど発情しているらしく、いつのまにやら七、八匹もあつまってきた牡犬おすいぬは、しきりに濡れた鼻をぴくつかせ、その牝にじゃれかかる。 ...
  • 「放火ですか」 「いや、まだなんともいえん」 「ガソリン臭いですね」草薙は鼻をぴくつかせた。 ...
  • 最初は、全員が鼻をぴくつかせて香りをかぎ、眼をむいて皿を凝視し、うまそうに食べてみせる海軍武官横山一郎大佐の口もとを観察していたが、「チェスター、ユー・トライ・イット」というスターク大将の指示で、ニミッツ少将がフォークで小片をちぎりとって、口にほうりこんだ。