黙々と馬を進め

8 の用例 (0.00 秒)
  • 森を抜けても、ルフィは後ろを気にしながら黙々と馬を進めていた。 伊豆平成『PATRONE1 護民官ルフィ&ワイリー』より引用
  • 午前の中ごろには木立の下が暗くなってきたが、かれらは陰気な様相を呈している森の中に黙々と馬を進めた。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • 皆また黙々と馬を進めた。 海音寺潮五郎『平将門 下巻』より引用
  • 不気味な男爵の指摘が、すでにわかっていたのかいないのか、Dはふり返りもせず黙々と馬を進めていく。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09a D-蒼白き堕天使1』より引用
  • 話もはずまず、一行は黙々と馬を進めた。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 一方のドラ将軍は、この半年ほとんど思い焦がれていた人が黙々と馬を進めていく道端に立ち、笑いながら手を振っているのを見た時、ロアの男としてはまったくあるまじきことながら、あぶみを踏みそこねて落馬しかかったと後に語った。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第02巻 「黄金の戦女神」』より引用
  • 「中部辺境区」がその存在を忘れられ、死を食らう風ばかりが、餌を求めて彷徨をつづけているかのような荒涼たる土地を、Dは黙々と馬を進めていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12b D-邪王星団2』より引用
  • 浅春の空の下、光秀は黙々と馬を進めた。 池宮彰一郎『本能寺(上)』より引用