黙々と食事

66 の用例 (0.00 秒)
  • 何も聞こえていないかのように、金髪の少女は黙々と食事を続けている。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 二人とも床に座り込んだまま、しばらくは黙々と食事を続けたのである。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • フェブラリーは電柱の上で誰にも邪魔されずに黙々と食事をしていた。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • 灰色はいいろのフードの男だけが、さわぎとは無関係に、黙々もくもくと食事を続けていた。 山本弘『サーラの冒険 1 ヒーローになりたい !』より引用
  • おふくろを見るけど、おふくろは気づかずに黙々と食事をつづけている。 大野木寛『ラーゼフォン第03巻』より引用
  • 他の三人の冒険者は、彼にしゃべるのをまかせて、黙々と食事をしている。 山本弘『サーラの冒険 1 ヒーローになりたい !』より引用
  • それまで黙々と食事を続けていたビエンが、かたりとフォークを置いた。 垣根涼介『午前三時のルースター』より引用
  • 壁際のテーブルで、インド人らしい二人連れが黙々と食事をとっているだけだ。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • 斜向はすむかいに座った彼は、テレビのスポーツニュースを見ながら黙々と食事をした。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 反対側の席には、大きな男たちが集って、黙々と食事をしていた。 西村京太郎『十津川警部「友への挽歌」』より引用
  • おかげで、夫婦が朝っぱらから面とむかって、黙々と食事をとらずにすむ。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • 持ち主のいない館に集った人々は、薄暗い灯りの下で黙々と食事を続けた。 三雲岳斗『聖遺の天使』より引用
  • 営業所の二人は、少し離れた席で、黙々もくもくと食事をしている。 内田康夫『天河伝説殺人事件(上)』より引用
  • 伊丹氏は黙々と食事をし、瀬木氏は不安そうにそれを見守っていた。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • 見渡せば、着席している僧たちは誰一人口を開かずに黙々と食事を続けている。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • どちらも幕間に、幌馬車で休んでいる旅芸人のように黙々と食事をしていた。 コクトー/佐藤朔訳『恐るべき子供たち』より引用
  • 二人の女は彼の命令どおり、黙々もくもくと食事の仕度を始めた。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • 私のそばではしばらく黙々と食事の時間が続いたが、クロードが思い出したようにロナルドの顔を見た。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 黙々と食事を平らげながら話を聞いていた龍村は、ミチルが口を噤むなりこう言った。 椹野道流『鬼籍通覧3 壷中の天』より引用
  • あらしのように彼女が去って、シズ様は黙々と食事を続ける。 時雨沢恵一『キノの旅 第06巻』より引用
  • 次へ »