黙々と食べている

20 の用例 (0.00 秒)
  • シャナは何を考えているのか、バターをつけたパンを黙々と食べている。 光瀬龍『復讐の道標』より引用
  • 誰もいないのと同じように、顔も向けずに、黙々と食べている。 赤川次郎『黒い森の記憶』より引用
  • 朝食の間も、三人はほとんど目を合せることなく、黙々と食べていた。 赤川次郎『くちづけ 下』より引用
  • 食事をするときも父がいるのはまれで、女四人がテーブルに固まって黙々と食べていた。 群ようこ『無印不倫物語』より引用
  • 彼女は何も言わずに黙々と食べていた。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 男は背を向けたまま黙々と食べていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 何とか安心させてくれないかという様子でクリフォードを見つめつづけたが、彼は黙々と食べているだけだった。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • 他の子は皆、自分の席で黙々と食べている。 華恵『本を読むわたし ―My Book Report』より引用
  • 故郷の行事のことなぞまったく知らない私は会話に加わることもできず、黙々と食べていた。 坂東眞砂子『葛橋』より引用
  • 黙々と食べている最中に、一回だけ大西はそう言った。 姫野カオルコ『喪失記 処女三部作2』より引用
  • りゅうが、黙々と食べていた手をとめると、おずおずと川の娘に話しかけました。 大嶽洋子『黒森物語』より引用
  • ことば少ないそのじいさんが料理を黙々と食べている姿が印象的で、画面から台湾料理のうまそうな匂いが漂ってくるような感じだった。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • 陸軍の兵隊たちは、目をギョロつかせて黙々と食べていた。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • すぐそばに、看護士のタケオさんが、トロロをかけためしを黙々と食べていた。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • 大してうまくもない定食だが、しばらく私たちは黙々と食べていた。 赤川次郎『静かなる良人』より引用
  • 四人兄弟の中では、中学二年になる末の弟だけが比較的口数が少なく、会話が交錯している夕食事の混乱状態の中で、ひとり黙々と食べている。 阿川佐和子『笑ってケツカッチン』より引用
  • ちらりと六道さんを見るけど、おじさんはわれ関せずって顔でご飯を黙々と食べている。 大野木寛『ラーゼフォン第02巻』より引用
  • ジルは眼を皿に落として、黙々と食べていた。 イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』より引用
  • 諏訪は何も言わず黙々と食べていた。 今邑彩『少女Aの殺人』より引用
  • 食堂はかなり大きな部屋で、ぼく以外にもやはり青色の、襟も青く階級章もつけていない若者たちが、それぞれ離れて黙々と食べていた。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用