黙々と食べつづけ

3 の用例 (0.00 秒)
  • 周さんと孫さんの前のテーブル・クロスが汚れているのに気を取られていた私は、となりの母が黙々と食べつづけているのに気づいて、そんな声を発してしまった。 村松友視『上海ララバイ』より引用
  • シュナンはそんな息子むすこさとすでもなく、右隣にすわっているトゥラ王国の王子タウロカとなごやかに会話をわしていたが、彼らに対面する位置に座っている貴族たちは、ときおりたがいに小声でなにかささやきあうだけで、あとは黙々もくもくと食べつづけていた。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅲ 探求編』より引用
  • 鉄板焼きの油はねと、熱気による汗で、通勤用のブラウスを汚さないようにと、修子から借りた黒いだぶだぶのTシャツを着た佐代子は、しばらく黙々と食べつづけた。 藤堂志津子『やさしい関係』より引用