黙々と食べ

85 の用例 (0.00 秒)
  • シャナは何を考えているのか、バターをつけたパンを黙々と食べている。 光瀬龍『復讐の道標』より引用
  • 誰もいないのと同じように、顔も向けずに、黙々と食べている。 赤川次郎『黒い森の記憶』より引用
  • 朝食の間も、三人はほとんど目を合せることなく、黙々と食べていた。 赤川次郎『くちづけ 下』より引用
  • 私はその三分の二くらいを一人で黙々と食べた。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • そのほかでは、はじめ君いわく欠食児童の二人が、黙々もくもくと食べ続けている。 沖田雅『先輩とぼく 02』より引用
  • 取り出して、頭はぼんやりとしたまま、ただ機械的に調理し、黙々と食べた。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • 食事をするときも父がいるのはまれで、女四人がテーブルに固まって黙々と食べていた。 群ようこ『無印不倫物語』より引用
  • テレビもず、会話もせず、ひすら黙々もくもくと食べるやつなのだ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第04巻』より引用
  • それらをてんこ盛りに皿にのせ、テーブル席で向かい合って黙々と食べる。 角田光代『対岸の彼女』より引用
  • 小坊主が声の届く範囲を離れるまで、その小さな集団は黙々と食べた。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • 彼女は何も言わずに黙々と食べていた。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 男は背を向けたまま黙々と食べていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そのあいだに、自由騎士きしは運ばれてきた料理を黙々もくもくと食べ、リウイたちより先に食事を終えた。 水野良『魔法戦士リウイ 第01巻』より引用
  • 食事係を遠ざけた彼は、御櫃おひつの飯を自分でいで黙々もくもくと食べ始めた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 4) ゴールドういろう』より引用
  • そのまわりの茣蓙ござの上にうずくまってわれわれは黙々と食べた。 ドーデ/大久保和郎訳『月曜物語』より引用
  • 何とか安心させてくれないかという様子でクリフォードを見つめつづけたが、彼は黙々と食べているだけだった。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • 他の子は皆、自分の席で黙々と食べている。 華恵『本を読むわたし ―My Book Report』より引用
  • 周さんと孫さんの前のテーブル・クロスが汚れているのに気を取られていた私は、となりの母が黙々と食べつづけているのに気づいて、そんな声を発してしまった。 村松友視『上海ララバイ』より引用
  • 父も母もひとこともしゃべらず、ファコを手にとると、黙々もくもくと食べはじめた。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅲ 探求編』より引用
  • 故郷の行事のことなぞまったく知らない私は会話に加わることもできず、黙々と食べていた。 坂東眞砂子『葛橋』より引用
  • 次へ »